矯正歯科・小児矯正|小金井市の歯医者|東小金井歯科CLINIC

新型コロナウィルス対策について

日曜日診療 / キッズスペース / バリアフリー

天然歯の保存にこだわり

初診予約・お問い合わせ

マイクロスコープ/CTを駆使した精密治療

042-380-8500

東京都小金井市梶野町5丁目2番32号オークラビル2階

矯正歯科・小児矯正

東小金井歯科クリニックの矯正歯科・小児矯正

矯正歯科・小児歯科

東小金井歯科クリニックでは、成人からお子さんまで幅広く矯正治療を行なっています。患者さまの口腔内やライフスタイルを考慮し、一人ひとりに適した矯正治療のご提供に努めております。矯正治療は見た目の改善はもちろんですが、快適な咀嚼をはじめ、ケアがしやすくなることによる虫歯・歯周病リスクの軽減など、さまざまなメリットがあります。現在、ご自分やお子さんの歯並び・咬み合わせでお悩みの方は、お気軽にご相談いただければと思います。

成人矯正で使用する矯正装置について

マルチブラケット矯正装置

マルチブラケット矯正装置

歯の表面に貼り付けた金属製のブラケット(留め具)にワイヤーを通して歯を移動させるオーソドックスな矯正装置です。3次元的に歯の移動ができるため幅広い歯列に適応でき、矯正力が高いのが特徴です。

クリアブラケット装置

クリアブラケット

歯の表面に取り付けるブラケットを目立ちにくい透明な素材に変えた審美性に配慮した矯正装置です。一般的な装置と設計は変わらないため、幅広い歯並びに対応することができます。目立つ矯正装置は嫌だという方におすすめです。

可能な限り抜歯をしない矯正治療を心がけています

抜歯をしない矯正治療

矯正治療では、歯を動かすスペースを確保するために歯を抜くことも少なくありません。しかし、健康な歯を抜くことは、咀嚼効率や機能面の低下を招く可能性があるため、抜歯を避けたいというのが本音です。そのため当院では、以下の方法を実施することにより、できるだけ歯を抜かずに矯正治療を行えるよう努めています。

遠心移動による非抜歯矯正

遠心移動

遠心移動とは、歯を今ある位置から奥歯側に少しずつ移動させることによって、歯が適切に収まるスペースを確保する方法です。矯正用のインプラントなどを用いることにより、スムーズな遠心移動が可能となります。

歯の側面を削るIPR法

IPR法

IPR法とは、ヤスリのような器具で歯の側面にあるエナメル質を0.2㎜~0.5㎜ほど削り、歯幅を縮小することで矯正に必要なスペースを得る方法です。エナメル質は健康被害がない微量の切削で留めますので、ご安心ください。

矯正治療で改善可能な歯並びについて

叢生

叢生

乱杭歯や八重歯とも呼ばれ、歯が重なり合ってでこぼこになっている状態です。見た目が悪いだけでなく、適切な歯磨きが行えないため、口臭の発生や虫歯・歯周病のリスクが高くなります。

上顎前突

上顎前突

出っ歯と呼ばれる不正咬合で、上の歯や顎が下顎よりも前に出てる状態です。上下の顎の発育バランスが悪い事で起こります。前歯で物が噛みづらかったり、正しい発音ができなかったりなどの問題があります。

下顎前突

下顎前突

受け口と呼ばれる不正咬合で、下の歯や顎が上顎よりも前に出てる状態です。主に遺伝や顎の発育バランスが原因で歯並びが乱れます。上顎前突同様、前歯で物が噛みづらく、発音にも影響があり、顎関節症リスクが高いのが特徴です。

空隙

空隙

すきっ歯と呼ばれる不正咬合で、歯と歯の間が空いている状態です。顎と歯のサイズが合っていない場合や先天的に歯の数が少ない事で起こります。歯の間から、空気が抜けるため、発音に問題が起こる事があります。

開咬

開咬

オープンバイトと呼ばれる不正咬合で、奥歯は噛み合ってるのに前歯が噛み合わず、常に口が開いている状態の歯並びです。口腔内が乾燥しやすいため、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

過蓋咬合

過蓋咬合

ディープバイトと呼ばれる不正咬合で、咬み合わせが深く上の歯が下の歯に覆いかぶさっている状態の歯並びです。下の前歯で上前歯の歯茎を傷つけやすく、さらに顎に負担がかかるため、顎関節症リスクが高いのが特徴です。

成長を利用して行う小児矯正治療

小児矯正治療

昨今は食べ物の軟化などから、顎がしっかり発育せず、小さな土台に大きな歯が生えてくるため、歯並びや咬みあわせが悪いお子さんが増加傾向にあります。小児矯正は、主に顎や身体の正常な発育を阻害する口呼吸や悪い癖を改善することにより、顎の成長を促し、将来的な歯列や咬みあわせを良い方向へ導いていきます。土台をしっかり広げることによって、永久歯に生え変わった後、歯を動かす一般的な矯正が必要になった場合にも、治療期間の短縮や歯を抜かないで矯正を行える可能性が高まります。

小児矯正で使用する矯正装置について

拡大床矯正装置

拡大床矯正装置

取り外しが可能な矯正装置です。スクリューを回して形状を少しずつ広げていく事で、顎をゆっくり正しい位置まで広げていく矯正法です。装置は自分で取外すことができるため、食事や歯磨きも普段どおり行えます。

ムーシールド

ムーシールド

下顎が前に出ている反対咬合の改善に用いる矯正装置です。就寝時に装着することでお口周りの筋機能を正常化し、上顎の成長を促すことで適切な咬み合わせ、歯並びへと改善する方法です。乳歯が生え揃った頃の骨が柔らかい時期に始めることで、より効果的な成果が期待できます。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

歯の表側にワイヤーをつけて行なう一般的な矯正方法です。ワイヤーの引っ張る力で少しずつ歯を適切な位置へ移動させ、歯並びや咬み合わせを整えていきます。ワイヤー矯正は、患者さま自身で装置を取り外すことはできませんが、矯正力が高く、どのような歯並びでも適応できるのが特徴です。

東小金井で矯正歯科・小児矯正治療をお探しの方へ

矯正歯科・小児矯正治療

東小金井歯科クリニックでは、歯並び・咬み合わせを改善する成人矯正・小児矯正治療を行なっております。患者さま一人ひとりのお口の状態やご要望を考慮し、適切な矯正治療をご提案いたします。歯並びや咬み合わせの改善には、長い時間を要する場合もございます。当院は東小金井駅前・日曜日診療も行なっていますのでどなたにも快適に通院していただけるかと思います。東小金井で歯列矯正をご検討中の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る